読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3歳差兄弟育児奮闘記

3歳差男の子兄弟育児の経験や出来事を綴ります

山形旅行旅館情報

お出掛け&旅行

毎年お世話になっているお宿は山形県にある瀬見温泉 ゆめみの宿 観松館です。

 

ここはとにかくご飯がおいしい。

 

宿のサービスも素晴らしいです。

 

もちろん子供、赤ちゃんへの対応も充実していてお風呂も食事も子連れでも安心です。

 

毎回マッサージチェアの付いたお部屋に泊まっていたのですが今回予約がギリギリで空いていたのは一室のみ…

 

貴賓室というこの宿で一番いいお部屋に泊まらせていただきました。

 

入り口から豪華で…

f:id:xmocchix:20170117130821j:image

こんな感じに‼︎

 

部屋は…

f:id:xmocchix:20170117130856j:image

f:id:xmocchix:20170117130922j:image

f:id:xmocchix:20170117130936j:image

写真はないですが和室の隣にベッドルームもありました。

 

洗面台は2つ

 

お風呂もびっくり木のおふろでした。

 

料理は一部ですが…

1日目

f:id:xmocchix:20170117131238j:image

2日目

f:id:xmocchix:20170117131251j:image

長男はお子様用で…

1日目

f:id:xmocchix:20170117131328j:image

f:id:xmocchix:20170117131342j:image

2日目

f:id:xmocchix:20170117131400j:image

子供メニューも贅沢すぎました。

 

夜は部屋食なので赤ちゃいても食べやすいですよ。

 

朝はバイキングでお米は『はえぬき』『つや姫』の2種類から選べます。

 

朝食もおいしいですよ(o^^o)

 

今回で4回目の宿泊になりますが毎回満足して名残惜しく帰宅してます。

 

東北へお出かけの際は参考にしてみてください。

 

 

 

秋田ふるさと村

お出掛け&旅行

少し更新が空いてしまいましたが山形旅行で行った秋田ふるさと村について詳しく紹介したいと思います

 

入り口に入ると鬼がいてねぶた祭り関連のものが展示されていました

 

宿の女将さんからは孫が鬼を怖がると言ってましたが息子2人は全く動じませんでした

 

お正月って事もありイベントがたくさん行われてました

 

が、そんなイベントを無理して隣接している『ワンダーキャッスル』と言う室内で遊べる所をメインに過ごしました

 

4階建てで1〜2階は『あきた遊びの国』としてボールプールやアスレチックなど室内で遊べるコーナーがたくさんありました

 

幼児コーナーもあるので次男はここがメインで遊びました

 

知育おもちゃも多数で体も使って頭も使ってかなり充実しました

 

小学生ら出来るの『なまはげフリーフォール』は滑りたびに歓声が上がって楽しそうでした♪

 

残念ながら息子たちはできなかったけど…

 

たくさん遊び尽くして最後は3〜4階にある『トリックアートワールド』へ

 

大人も子供も楽しみながら回れました

 

これで大人520円、幼児無料

 

ちなみに学生410円、小・中学生300円、70歳以上470円

 

時間無制限なので1日遊び倒すならお得かと思います

 

メイン館では秋田フードやおみやげが充実してるので旅行で訪れてもいろいろ揃っているのでオススメです

 

 

 

 

新学期スタート

長男 弱視・メガネ

メガネ生活も最初はかけるのが嫌でなかなか起きてこなっかた長男もかける意味を理解して嫌がることも少なくなってきました

 

冬休みが終わり幼稚園が始まりました

 

久々の幼稚園

 

メガネでの登園...

 

案の定朝から『幼稚園行かない』と...

 

普段はバス登園ですが先生にメガネの諸注意を伝えるため車で園まで送って行きました

 

幼稚園に着いても『行かない』の一点張り

 

無理やり引っ張りながら教室へ

 

先生には外す時や注意点を説明して子供たちへのお願いも伝えました

 

子供たちには

 

『触らない』『おもちゃではない』『貸してとメガネをかけない』

 

この3点を伝えてもらうようにお願いしました

 

先生にも着脱を覚えてもらい説明終了

 

説明終わっても教室入る気0な長男...

 

あとは先生に託して帰宅してきた

 

帰りはいつも通りご機嫌

 

特にメガネで嫌な思いはしてない様子

 

大丈夫そうかな?

 

 

メガネ生活

弱視・メガネ

4日の夜から長男のメガネ生活がスタートしました

 

メガネ受け取り当日

 

メガネの位置調整をしてもらい跳んだり首を振ったりしてもずれない事を確認

 

取り扱いの注意を聞いてメガネ屋さんからメガネ生活がスタート

 

メガネを受け取ってすぐは遠近感が分からなくなるみたいで2回コケた

 

メガネをかけたことのある人ならよくある事みたいなんだけど最初慣れるまでは変な感覚になるみたい

 

すぐに慣れてコケる事はなくなった

 

本人は違和感あるみたいですぐに外したがる…

 

まぁいきなり顔に何かがあったら気になるよね?

 

メガネをかけても急に見えるようになる訳ではないから本人がかけたくないのもよく分かる

 

帰りの車の中で外していい時の確認を子供と一緒にした

 

《外していい時》

着替える時

お風呂に入る時

寝る時

ドライヤーする時(60度以上の熱に弱い)

→大人のマネして自分でドライヤーします(^^;;

 

《注意点》

お友達に貸さない

レンズに触らない

鼻メガネしない(中心を鼻の方に下げてかける事)

丁寧に扱う

 

こんな感じで初日を迎えました!  

謹賀新年

お出掛け&旅行

f:id:xmocchix:20170107232857j:image

挨拶が遅くなりましたが明けましておめでとうございます

 

本年もマイペースに更新していきますのでよろしくお願いいたします

 

元旦は実家へ帰り新年の挨拶へ…

 

おせち食べてお年玉をもらい初詣、凧揚げとお正月らしく過ごしました

 

そして2〜4日にかけて二泊三日の山形旅行へ

 

毎年恒例元旦からはこの流れで山形はお気に入りの同じ旅館に泊まってます

 

そして予約がいつもギリギリな我が家は空き部屋が1つしかなく

 

その部屋が『貴賓室』と言うこの旅館で一番高い部屋で天皇も泊まった部屋と言われてる部屋…

 

悩んだ挙句一度は泊まってみたいって事で宿泊!

 

新年早々贅沢してきました(^^;;

 

まぁ至れり尽くせり茶道で出てくるお茶が出てきたし!

f:id:xmocchix:20170107232945j:image

 

昨年は暖冬で全く雪がなくせっかく山形に来たのに雪国感0…

 

今年も怪しいかな?と思ったけど帰る日は積もるほどの雪で少し雪遊びも楽しむ事が出来ました♪

f:id:xmocchix:20170108082652j:image

 

2日目は女将さんに教えてもらって秋田までお出掛け〜

 

『秋田ふるさと村』と言うところ!

 

また別記事で詳しく紹介したいと思います

 

旦那の冬休みも終わり幼稚園ももう少しでスタート!

 

お正月モードも切り替えですね(^◇^;)

 

xmocchix.hatenablog.com

 

 

 

 

1日遅れのサンタさん

長男

我が家ではサンタさんシステム?はありませんでした

 

サンタさんは知っていてもどういう人か知らなかったから…

 

が、幼稚園に通う長男

 

まさかの24日の日に『サンタさんがうちに来るよ』と言い『何かお願いしたの?』と聞くとおもちゃの名前を応えた!

 

『まじかぁ〜』

 

幼稚園でサンタがどんな人か知ったのね〜

 

慌てて仕事に行ってる旦那に連絡!

 

そこまで信じてるなら用意しないわけにもいかないね〜と24日にネット注文した

 

25日の朝には間に合わないけど25日到着予定だったので本日26日の朝に1日遅れのサンタが我が家にやってきました

 

日にちの感覚がまだはっきりしてないから遅れてる事はあまり気になってない感じでギリギリセーフかな?

 

初めてのサンタに親の私もドキドキ(^_^*)

 

プレゼントを見つけて喜ぶ長男!

 

『誰からかな?』の問いに『パパ』と言われてしまったけどサンタさんだと伝えるとニコーと笑ってた(о´∀`о)

 

今日は一日中おうちで遊んでた♪

 

ちなみにこちら↓

 

 

 

 

最近カーズにハマってます

 

来年もサンタが来るのか?

 

でも子供が喜ぶ顔を見るのは幸せだね〜♡

 

 

 

 

弱視

弱視・メガネ

弱視とは…

人間の視力は赤ちゃんの頃は明るいか暗いかを認識し周りからの視覚的刺激により段々と「見る力」がついてきます。

視力は1歳で0.3、2歳で0.6、3歳で0.8が平均

4~6歳のうちに1.0になり、小学生になる頃には目の機能が完成します。

弱視はこの目の発達が止まったままの状態の事

両目とも弱視になる子もいれば、片目だけ弱視になる子もいます。

弱視の場合、眼科医のもとで処方された眼鏡でなければ視力が1.0以上にならないので、眼鏡で矯正できる近視・遠視とは異なります。

 

弱視が分かるまで…

市の3歳児健診で事前に自宅で視力検査をするように検査キットが入ってました。

自宅で検査するも集中せずふざける感じでやり方を理解してるのかも分からない状態…

今思えば見えてなかったからかも…

検査結果は見える見えない以前に理解してない感じだと思いできなかった事を伝えた

健診では『数ヶ月してまたやってみて下さい』と言われただけですっかりそのままに…

その後幼稚園に入園して11月の視力検査で視力が低いと言われ12月に眼科へ

そこでも視力は低く『弱視の疑い』

後日再検査になりました。

再検査の前5日間は目薬(アトロピン点眼液1%)の点眼をしました。

 

<点眼理由>

物を見ようとする時、目の中の筋肉が緊張してレンズの厚さを増しピントを合わせます。

この働きを調節といい、目の屈折度(遠視、近視、乱視の度)は調節を休ませた状態で決まります。

ところが子供は調節を休ませることがよくできないため、普通の状態で検査しても正確ではありません。

そのため調節を休ませる目薬を点眼した上で検査する必要があります。

 

<点眼によって起こる目の変化>

物を見ようとしてもピントが合わせにくくなり、特に近くが見づらく老眼のような感じになります。

瞳孔が大きくなり、光があたるとまぶしくなります。

※点眼を中止すれば1〜2週間で元に戻ります。

 

そして再検査の結果『弱視』決定

両目とも0.1以下で特に左の方が強い弱視と言われました...

 

果たしてメガネでの矯正でどこまで回復するのか息子と共に乗り越えていきたいと思います。

 

xmocchix.hatenablog.com